学校紹介

 

骨太な医療人の育成をめざして

骨太な医療人の育成をめざして
 
 日本人の美しさを表現する、五常の徳「仁・義・礼・智・信」は「優しい心」「正しい行い」「敬う心」「正しい心」「正直な心」などの意味があります。これを礎とし、教員と学生が一丸となって、ともに学び、ともに歩んでいます。また、教育施設としては四国初の免震構造を採用しており、安全な教育環境を整え、学生が安心して学べるよう施設の充実を図っています。
 

ご挨拶

ご挨拶
 
 本校は高知福祉専門学校より平成8年4月に分離独立し、医療界に必要とされる人材の養成に努めてまいりました。そして平成18年、学校としては四国初の免震構造による安全・安心な新校舎になるとともに、広々とした教育環境の良い学校へと進化しました。 医療情報学科では、診療報酬請求事務の修得のみならず、全ての医療従事者をサポートする有能なスタッフの養成に努めてまいりました。臨床工学学科は四国で初めての臨床工学技士養成校として平成6年4月に厚生省より認可を受けて開設。この資格を取得した卒業生は、高度化の進む医療機器の中でも特に生命維持管理装置の操作・保守点検を専門とし、医療機器と尊い命の重要なパイプラインの役割を果たしています。

現在多くの卒業生が医療機関などで活躍していますが、今後も益々高度化する医療界で、医療ニーズに対応できる能力と豊かな心を持った人材の育成に力を注いで参ります。

四国医療工学専門学校校長  三好裕之

 

就職

就職
 
 就職率100%

学生にとって厳しい就職環境の中、本校には毎年、卒業生の数倍にものぼる求人件数をいただいています。

ひとり一人が社会で通用する専門の能力を身につけている。
ひとり一人が明確に将来の目標や方向性を決めて学んでいる。
ひとり一人に合わせたきめ細やかな就職指導の徹底を図っている。
多くの先輩達の社会での活躍が優れた実績となっている。
医療機関や企業との太いパイプ、強い信頼関係が築かれている。

杖道
本校教育は、五常の徳を礎としており、その教育の一環として、「杖道」を授業に取り入れ、礼儀・礼節を学んでいます。

 

沿革

沿革
  1992.4 医療情報学科開設(現高知福祉専門学校)
  1994.1 高知福祉専門学校第3校舎完成
(1996年より四国医療工学専門学校)
  1994.3 厚生省より臨床工学技士養成校の認可を受ける
  1994.4 臨床工学学科開設
  1996.4 四国医療工学専門学校開校
  2006.4 菜園場町7番13号に移転、新校舎落成
 

キャンパスと設備

キャンパスと設備
 
はりまや橋から歩いて5分の便利なアクセス。
学校としては四国初!
安心の免震構造を採用しています。
 

交通アクセス

交通アクセス
 
本校は高知市の中心に位置し、交通の便がよいのはもちろんのこと、遊びやショッピングにと充実した学生生活が過ごせます。
 
     ●JR高知駅・・・徒歩20分
     ●はりまや橋・・・徒歩5分
     ●菜園場町電停より・・・徒歩1分
 

お問い合わせフォームへのリンク

お問い合わせフォームへのリンク
 
<<学校法人すみれ学園 四国医療工学専門学校>> 〒780-0823 高知県高知市菜園場町7番13号 TEL:088-882-3000 FAX:088-882-7755