慮る(おもんばかる)力で患者様を笑顔に変える。

病院などの窓口での受付、業務、医療費計算業務、診療報酬請求事務(医科・歯科・調剤)、歯科助手など、将来医療事務スタッフとして活躍するために必要な専門知識を学びます。また、フラワーアレンジメント・茶道・アロマテラピー・メイクアップセミナーなどの授業もあり、医療人にふさわしい豊かな人間性を身につけることができます。

   
 
 
 
   
[医療事務系資格]
  • 医科医療事務管理士技能認定試験
  • 歯科医療事務管理士技能認定試験
  • 調剤事務管理士技能認定試験
  • 歯科助手乙類第二
  • 医事コンピュータ技能検定
  • 診療報酬請求事務能力認定試験
  • 医療秘書技能検定
など
 
[ビジネス系資格]
  • 秘書技能検定
  • 簿記検定
  • 電卓計算検定
  • Word文書処理技能認定試験
  • Excel表計算処理技能認定試験
  • PowerPointプレゼンテーション技能認定試験
など
   
 
 
 
   
 本校は医療秘書教育全国協議会や技能認定振興協会などに加盟しており各種検定試験は本校にて受験することができます。
  • 医療秘書技能検定
  • 医事コンピュータ技能検定
  • 医科医療事務管理士技能認定試験
  • 調剤事務管理士技能認定試験
  • 歯科医療事務管理士技能認定試験
  • Word文書処理技能認定試験
  • Excel表計算処理技能認定試験
   
 
 
 
   
 患者様の対応から医療費の請求まで、幅広い分野で医療機関の経営をサポートします。
 

[受付業務]
「病院の顔」とも言える受付では、迅速かつ的確さが要求されます。患者様が病院で最初に訪れるところですので、常に笑顔と思いやりの気持ちを持って接することが大切です。また、保険証の受け渡し、受診経路のご案内やカルテの準備なども行います。

   
 

[診療報酬請求事務(レセプト業務)]
診療費用のうち、健康保険等で支払われる費用分の請求を行う業務です。病院収入の大半がこの診療報酬請求業務を経由する為、事務部門の中でも特に重要な業務の一つです。基礎的な計算能力はもちろん、専門的かつ正確な知識が必要とされ、不備や間違いのないよう慎重かつ迅速に処理することが大変重要になります。

   
 

[歯科助手]
歯科医師のアシスタントを行います。主に治療以外の歯科業務全般を担当し業務を行います。具体的には、診療介助、石膏などの練和、器具の準備・片付け、バキュームなどの診療補助などです。歯科助手は受付業務を兼任することができ、歯科医院に必要な存在です。

   
 

[医療秘書]
一般的に秘書の業務とは、上司が効率的に業務を遂行できるように雑務を取り除き上司を補佐することです。医療秘書(院長秘書)は一般的な秘書に求められる技能に加え、医学に関する基礎的な知識を有していることが望まれます。医師を事務的に側面からサポートし、病院全体が円滑に業務を遂行できるように配慮するという大きな役割を担っています。

   
 

[カルテ管理]
カルテは病院にとっても、患者様にとっても大切な書類です。そのカルテを集中的に管理する場所がカルテ室です。必要な時にすぐに取り出せるよう常に整理を心がけることにより、カルテの行方不明を防いだり、診察の為の待ち時間の短縮を図ることができます。確実で素早い対応が必要とされる業務です。

   
 
 
 
<<学校法人すみれ学園 四国医療工学専門学校>> 〒780-0823 高知県高知市菜園場町7番13号 TEL:088-882-3000 FAX:088-882-7755