臨床工学学科

   
 
 
 
 

学科紹介

学科紹介
   
『医療機器のスペシャリスト』現代医療に欠かせない臨床工学技士を養成!

近年の急速な医療技術の発達により、医療現場では複雑で高度な機器が導入されています。
これらの医用機器は医療の質的向上に貢献し、多くの人々の生命を救い、守っています。
臨床工学学科では、“医療機器のスペシャリスト”として活躍する臨床工学技士を養成します。

   
 
 
 
 

取得を目指す資格

取得を目指す資格
 
 ■臨床工学技士(国家資格)

臨床工学技士は国家資格の一つで人工呼吸装置や人工透析装置等の高度で複雑な医療機器(生命維持管理装置)を医師の指示の下に操作・保守・点検を行う仕事です。

■第2種ME技術実力検定試験
医療機器・システムの安全管理を中心に、医用生体工学知識を実際に医療に対応しうる資格を検定するものです。

 

   
 
 
 
 

将来の活躍の場

将来の活躍の場
 
病院等で、生命維持管理装置の操作および保守点検などを行う業務

医療機器メーカーなどにおいて、機器開発を行う業務
医療機器のユーザーへの教育や指導などを行う業務
研究機関などにおいて、医用工学に関する研究を行う

ほとんどの学生が卒業後病院やクリニックに勤務しています。また、病院によっては医療機器メーカーより納入された医療機器の保守メンテナンスをメーカーに任せているところも多いため、臨床工学技士として、医療機器メーカーの技術・営業部門に就職する学生もいます。

   
 
 
 
 

「いのちのエンジニア」臨床工学士とは

「いのちのエンジニア」臨床工学士とは
 
 「生命維持管理装置」の操作および保守点検を仕事とする医療職種が臨床工学技士です。医師をはじめ、看護師などと共にチーム医療の一員として臨床工学技士は生死の狭間からの生還や生命維持をサポートしています。
 
 
   
[体外循環業務]
心臓手術を行う場合心臓を一時止める必要があります。手術中一時的に心臓と肺の代行をする装置を人工心肺装置といいます。この人工心肺装置の操作・管理・保守を行っています。
 
[呼吸療法業務]
呼吸停止、または自分では十分な呼吸ができない患者さんに装着し、呼吸を補助または代行する装置を人工呼吸器といいます。人工呼吸器は手術室、ICU、CCU、病棟などで広く使用されており、この人工呼吸器の操作・管理・保守を行っています。
 
[血液浄化療法業務]
腎臓の機能が低下すると尿毒素や水分が体内に蓄積し、尿毒症になります。尿毒症は最終的に死に至ります。このとき腎臓の機能を代行する装置を人工透析装置といいます。この人工透析装置の操作・管理・保守を行っています。
 
[高気圧酸素療法業務]
一酸化炭素中毒症や減圧症などに対して、高い圧力および100%酸素によって治療をします。
   
 
 
 
 

臨床工学学科の就職先一覧

臨床工学学科の就職先一覧
 
各医療機関では、医療機器の安全性・有効性を維持するために臨床工学技士は欠かせない人材です。その重要性は日々高まり、今後さらに発展していく職種です。
   
   
 
 
 
<<学校法人すみれ学園 四国医療工学専門学校>> 〒780-0823 高知県高知市菜園場町7番13号 TEL:088-882-3000 FAX:088-882-7755